来店型の現金化

来店型のクレジットカード現金化を利用するメリットと注意点

クレジットカード現金化のサービスは、来店タイプとネット完結タイプの2種類に分類できます。その中でも近くに店舗があれば、来店型を利用するのも一考です。来店型の場合、店のスタッフと対面でサービス利用できるため安心感があります。クレジットカード現金化は金銭を伴う取引です。そのため、相手の顔が見えたほうが安心という人も多いでしょう。全部がネットで終わってしまうより、従業員と直接話をしながら手続きを進める方が安心という方には、大きなメリットと言えます。

「対面」というのは、ほかのメリットももたらします。それは、質問しながら手続きを進められる点です。ネット完結タイプでも手続きの中でわからないことがあれば、電話やメールで質問できますが、この場合、すぐに答えが返ってこない可能性もあります。しかし、来店タイプであれば、わからないことをすぐスタッフに聞けて、その場ですぐ回答してくれるので、納得の上で手続きを進められます。中には手続きそのものが不慣れな人もいるでしょう。来店型であれば、スタッフがサポートしてくれるので不備が発生するリスクも少ないです。

店舗型のクレジットカード現金化の場合、その場で商品を購入して、一定の割合でキャッシュバックを行います。このキャッシュバックの方法ですが、その場で現金で支払いのところも多いです。特に急な出費で今すぐお金が必要な時には、その場で現金払いというのは重宝するでしょう。一方、ネットタイプのクレジットカード現金化の場合、キャッシュバックは銀行振込が多いです。銀行振込の場合、タイミングによっては入金が反映されるのが翌営業日以降になってしまうこともあり得ます。そうなると、今すぐお金が必要な場合、支払いに間に合わなくなってしまうかもしれません。今すぐ現金が必要な場合には、来店タイプのクレジットカード現金化を利用しましょう。

このような来店型のクレジットカード現金化業者の中には、注意したほうがいい業者もあります。それは新幹線の回数券を購入して買取するような業者です。新幹線の回数券は換金性が高いので、転売される危険性があるとカード会社も警戒している場合が多いためです。もともとクレジットカード現金化は、規約違反としているカード会社が多く、新幹線の回数券を短期間で大量に購入すると、カード会社から規約違反をしているのではないかと疑われ、利用停止にされる危険性が高くなります。強制退会でカードがこれ以上一切利用できなくなるかもしれないので、注意しましょう。

コメントを残す